人間関係は大切にする

無視してはいけない

転職をするということは、これまでの関係を一切無視するということではありません。よくある勘違いに、新たな環境に旅立ったならそれまでの関係はもう反故になる、という考えがあります。この考えは、なるべく捨て去るべき考えです。なぜなら、将来的にずっと良縁を保っていける人が多いほうが、長い目で見た人生では大きな宝になるからです。転職をしても、それまでに培ってきた人間関係は大きな意味を持ちます。仕事をしながら得たのは、技術や知識、そして実績だけではありません。人間関係という宝を、転職において無視してはいけません。

また出会う可能性

転職を行って、今いる辛い環境から抜け出したい、そう思っていたとしても挨拶をきちんと行うこと、つまり、礼儀礼節を重んじることは非常に重要です。退職の挨拶をきちんと済ませておけば、将来的にまた何かの形で出会えた時に、関わり合いやすくなります。さらに、自分が会社を離れてから業務を引き継ぐ人間を紹介する意味もあるため、転職するときに事前の挨拶を行うのは絶対に忘れてはいけません。立つ鳥跡を濁さずとは、なにもしないということではないです。転職においては、礼儀を重んじて、挨拶を終えたうえで、後腐れなく次のステップへ進むということだと理解できます。
いつかまたどこかで出会った時に、礼儀を欠いていた人は必ず損をします。それは、社内の関係者においても同じです。礼儀を欠いたやめ方をしては、心証が悪くなることは間違いありません。特に、同業種内の転職を行うことを検討している時には、いつかまた出会った時にお互い力を貸せあえるような、良好な関係を維持するほうがよいです。